TOP > 骨盤矯正の基礎知識 > 骨盤の歪みと大腰筋

骨盤の歪みと大腰筋

大腰筋…字の如く大きな腰の筋肉を指します。この大腰筋、骨盤の歪みと非常に大きな関わりを持っています。何故なら、大腰筋が運動不足などによる機能低下を続けていくと、骨盤の歪みを発症してしまうからです。つまり、背骨と骨盤・下半身を繋ぐ大腰筋が弱ってしまうと、上半身の重量を支えることが困難になってきます。その結果、バランスを保っていた骨盤が後ろ方向にずれたり、左右に歪んでしまうのです。(もちろん、背骨も歪んでしまいます)

また、背骨の左右にある大腰筋のどちらか一方が収縮し続けると、背骨を巻きつける状態=背骨をねじる格好になってしまいます。この状態がお分かりになる方は、腰痛のスペシャリストかもしれません。大腰筋は、椎間板にも付着しています。つまり、大腰筋が背骨をねじる格好で巻きつくことで、椎間板を引っ張り上げる状態になるのです。そうです、非常に痛みを伴う椎間板ヘルニアを発症する恐れもあるわけです。このように大腰筋は骨盤だけではなく、様々な部位と密接に関連し私たちの身体を守ってくれているのです。

大腰筋の役割は、まだまだあります。
例えば股関節を屈曲…実際、骨盤の歪みを発症している時、足は上げにくく、高く上げようものなら苦痛を伴います。しかし骨盤矯正をした場合、直立姿勢も楽になり足も高く上げることが出来るようになります。つまり、こういう事が言えます。「大腰筋の機能低下が、骨盤の歪みを引き起こす=骨盤矯正することが、大腰筋の機能を向上させます。」
骨盤矯正によって大腰筋が正常な機能を果たすことで、腰痛・頭痛・股関節痛・肩こり・便秘・生理痛膝痛等々が劇的に改善されます。

また前に述べた、骨盤矯正の先駆的治療方法を行うカイロプラクティック・整体療法にとっても、大腰筋は患者様の治療において、非常に重要な筋肉でもあります。大腰筋の矯正(調整)は、非常に熟練した腕と鋭い感覚が必要になるからです(総合病院では不可能に近いと感じます)。
カイロプラクティック・整体療法における骨盤矯正は、大腰筋の矯正にも繋がるわけです(2つの矯正で、身体も相当楽になります)。最後に骨盤が歪んでいるかどうか、簡単にチェックできる方法をご紹介します。まず、椅子に座って両足を交互に組んでみてください。
どちらか一方が組みにくい・きつく感じた場合、身体が曲がり骨盤が歪んでいる証拠と言えます。また、床に直線を引き、目を閉じて歩いてみてください。真っ直ぐ歩けず、どちらかに大きく曲がってしまった…これも骨盤が歪んでいる証拠と言えます。骨盤の歪みと大腰筋の関連性、そして自身の骨盤の歪みを知ることは、非常に大切なことなのです。