TOP > 骨盤矯正の基礎知識 > 骨盤矯正とO脚

骨盤矯正とO脚

みなさんは、自身の脚の形がどうなっているのかご存知ですか。もちろん、スラッと真っ直ぐ伸びた脚の方が良いに決まっています。実は日本人で最も多い脚の形、それはO脚です。O脚…つま先を真っ直ぐにして、立ってみてください。その時、太もも・ひざ・ふくらはぎ・内くるぶし・かかとのどこも、くっ付かない脚の状態を指します。O脚の原因として、構造的なものと姿勢的なものが挙げられます。構造的なものとして、骨の変形(産まれたときからの骨の形)があります(治すことができない)。そして姿勢的なものとして、生活習慣による骨盤の歪みがあります。実はO脚、骨盤の歪みと密接な関連性が含まれています。

骨盤が歪んでしまうと、左右股関節までずれてしまいます。そして股関節がずれてしまうと、自然と大腿骨が外側へずれてしまうのです(向いてしまう)。大腿骨がずれてしまえば、膝・足首(関節)までも外側を向いてしまいます。本来、真っ直ぐに伸びているはずの大腿骨と頚骨に、ねじれ現象が生じてくるわけです。いったん外側に張り出した脚は、否応なしに外側に向かって筋肉も鍛えられてしまい、結果として不自然に湾曲した脚=O脚になってしまうわけです。
つまり、骨盤が歪むことでO脚という症状を引き起こしてしまうのです。

また骨盤の歪み→O脚…脚の形ばかりでなく、別の病状を併発させてしまいます(背骨の湾曲(猫背)・腰痛・便秘)。それぞれの症状に、ご注意ください。そして、重要になってくるのが骨盤矯正です。姿勢的な影響からなったO脚は、骨盤矯正をしっかり継続することで、スラッとした脚に戻すことができます。

・つま先を真っ直ぐ正面にして立ってください。そして、両膝を軽く曲げてください
 (両膝の内側がひっつくような感覚。両膝の外側に手を添えても構いません)。
・次に、その状態を意識しながら、両膝を伸ばしていってください
 (この時、お尻と太腿の筋肉を意識しながら)。

注意点として、背中をそり過ぎないようにしてください。このストレッチをすることでO脚はもちろんのこと、骨盤の歪みも改善されていきます。またストレッチに合わせて、1日1回、10~20歩程度、後ろ向きに歩くことも心掛けてください。骨盤の歪みを、骨盤矯正によって正しい骨の位置に戻す→それが、O脚を治す最も近い方法なのです。このように様々な観点から、骨盤とO脚の関連性が十分理解されたと思います。O脚で悩んでいるみなさん、必ず骨盤の状態をチェックしてから骨盤矯正ストレッチを実践してみてください。