TOP > 骨盤矯正の基礎知識 > 骨盤の歪みと骨盤臓器脱

骨盤の歪みと骨盤臓器脱

近年、骨盤の歪みが身体に悪影響を及ぼしていることが話題にのぼっています。

そして骨盤の歪みと共に増え続けている病気があるのを、みなさんはご存知でしょうか。
その病名を「骨盤臓器脱(こつばんぞうきだつ)」といいます(あまり聞きなれない病名だと思います)。

実は骨盤臓器脱も骨盤の歪み同様、出産(そして加齢)に伴い発症しやすい病気なのです。

女性の骨盤の底には、赤ちゃんを世の中に産み落とすための大きな穴:産道が空いています。
もちろん産道は赤ちゃんを産むときだけ使われるため、通常は産道を塞ぐために骨盤底筋群という筋肉がハンモック状に張り巡らせています。

そして骨盤底筋群によって、骨盤内に収められている臓器群(膀胱/子宮/直腸)が下に落ちないように支えられているのです。

またこの骨盤底筋群の筋肉が収縮活動をすることによって、尿や便が漏れないようになっているのです。

実は女性が出産したり産後の肥満に陥った時、骨盤底筋群が傷付いて収縮活動が緩くなってしまうことがあります。

当然、骨盤底筋群の収縮が緩くなると、尿や便も漏れてしまうことに…。

さらに重篤な状態になってしまうと、骨盤内に収められている臓器群(膀胱/子宮/直腸)が膣めがけて落ちてしまうこともあるのです。
こうした症状を「骨盤臓器脱」といいます。

そうした症状にならないためにも日頃から骨盤の歪み(開き)が気になっている女性は、骨盤の歪みを矯正するだけでなく骨盤周辺の筋肉群を鍛えることが必要になります。