TOP > 骨盤矯正の基礎知識 > 骨盤が歪んでいる人の特徴

骨盤が歪んでいる人の特徴

次に明記する特徴は、骨盤の歪みを引き起こしている人たちです。

まず、自分に当てはまる項目があるかどうかチェックしてみてください。

○両脚の長さが違っている(明らかに違う場合は、要注意です)。
○椅子に座った時、必ず一方の脚を組んでいる(またその姿勢が楽…脚を組む側の骨盤が歪みを引き起こします)。
○まっすぐ立った時、肩のラインが水平でない(左右非対称…脚の長さ同様、要注意です)。
○バストよりお尻の方が大きい(いびつな体型=骨盤が開いているため、下半身を中心にお肉が付きすぎてる)。
○正直、お尻の形があまり良くない(これも同様に骨盤が開いているため)。
○横座り等々をした時、必ず同じ脚を出す傾向にある(骨盤全体が歪んでいる可能性があります)。

みなさん、いかがでしたでしょうか。

上記に明記した骨盤の歪みを引き起こしているであろう状態は、私たちが無意識に行っている状態(行為)なのです。

そしてこうした無意識の状態(行為)こそが、骨盤の歪みを引き起こしているのです。

骨盤の歪みは、スポーツ選手だから大丈夫というわけではありません。

誰でも無意識の動きをし続けることによって、知らない間に骨盤の歪みを発症してしまっているのです。

とにかく上記に明記した状態が1つでもあれば、早急に骨盤矯正を実践して頂きたいと思います。
そうすることが、自分自身の身体の不調を取り除くことにも繋がるのです。

是非とも、健康的で元気な身体を取り戻してください。