TOP > 骨盤矯正の基礎知識 > 骨盤が開くとは?

骨盤が開くとは?

骨盤矯正とは、骨盤を元の位置に戻すことをいいます。

では骨盤が開くとは、どういう状態を指しているのでしょうか。そして何故、骨盤が開いていると太りやすくなるというのでしょうか。

私たちの身体は骨盤を底辺として(=受け皿)、その上に内蔵が吊り下げられている状態になっています。

骨盤の状態が正常な位置であれば、内蔵は吊り下げられた状態をキープし続けます。

しかし骨盤が開いた状態になってしまうと(=例えば出産後の状態)、吊り下げられた内蔵は次第に下半身を中心に下降します。

すると内蔵の隙間に脂肪が蓄えられるようになり、皮下脂肪も付きやすくなるのです。

骨盤の開いた状態が続けば、太りやすくなるといわれる理由はここにあるのです。

ちなみに骨盤の開いた状態が続く→身体の様々な部分に悪影響を及ぼす→筋肉も疲れやすくなり、エネルギー消費もされにくくなります。

では骨盤が開いているかどうか、どのようにチェックすることができるのでしょう。

○まず仰向けになって、両脚を真っ直ぐに伸ばしてみてください。その時、親指と踵(かかと)までの開き具合が20度以上ある場合/仰向けになった時、楽に両腕が腰の下に入った場合…どちらか一方ができるようであれば、骨盤が開いている可能性があります。