TOP > 骨盤矯正の基礎知識 > 骨盤にいい寝具ってあるの?

骨盤にいい寝具ってあるの?

本来、睡眠時間とは体を休めて一日の疲れを取り除くためのもの。でも、たっぷりと寝たはずなのにどうも体がすっきりしない。寝た後になぜか腰が重たくなる。深い眠りにつけずすぐに起きてしまう。夢をよく見る。

 そんな方は、寝具を見直してみるといかもしれません。とくに、腰や骨盤にトラブルがある方は、骨盤をケアするための寝具選びが非常に重要です。

 寝具には、体を支える敷き布団、頭を支える枕、体温を保掛け布団があります。骨盤ケアにおいては、まず第一に、敷き布団やマットレスなど、体を支える寝具の固さを見直してみて下さい。

 睡眠中、体は、疲れをとるために力を抜いて筋肉を緩めます。力が抜けることで関節まわりのこわばりもゆるみますが、その際に敷き布団が柔らかすぎるとどうなるでしょう。腰部分の関節で体が湾曲し、寝具に沈み込んでしまうことになります。すると、体のバランスが不安定になり下になった腰の部分にばかり血液が溜まることになり、腰痛や腰のこりの原因になってしまいます。また、寝返りも打ちにくいため腰が動かせず、同じ姿勢で固まってしまい、骨盤のゆがみにつながることもあるのです。

 敷き布団は少し固めくらいの方が、寝返りがスムーズに行え、体の一部分に負荷をかけずにすみます。柔らかいスプリングのマットレスや、ふかふかの敷き布団は気持ちのいいものですが、腰のためを思うと、固めの敷き布団を選ぶように心がけるのが大切。

 次に重要なのは枕。枕の高さは、首のカーブにあったものを。固さは、敷き布団と同様に、柔らかすぎず頭が沈み込まない固さのものを選ぶと良いでしょう。

 また、間違った高さや柔らかすぎる枕で眠ると、首の骨のカーブがまっすぐな「ストレートネック」になってしまい、肩こりや頭痛、猫背など悪い姿勢の原因にもなります。ゆがんだ首の骨や背骨は、日中の立ち姿勢ゆがませてしまうことになりますので、骨盤にも悪影響をおよぼします。

 なお、最近流行りの「低反発素材」の寝具ですが、こりや傷みなど体の症状によっては使わない方がいいことがあります。低反発素材は、体の湾曲やカーブに沿って変形して支える素材です。そのため、最初は良くても、使い続けて寝具がへたれてくるにつれ体を支えてくれなくなり、柔らかく沈み込むようになってしまうことがあるのです。もちろん、寝具のグレードによって耐久性も異なりますので、自分の体や症状にあった寝具を選ぶように心がけましょう。

 最近は、睡眠の重要性がより一層見直されるようになり、機能も価格も様々なものが販売されるようになりました。百貨店の寝具売り場などには「寝具のコンシェルジュ」が常駐していることも。寝具の見直しの際には、プロに相談してみるのもいいかもしれません。