TOP > 骨盤矯正の基礎知識 > 骨盤矯正の改善するまでの期間はどのくらい?

骨盤矯正の改善するまでの期間はどのくらい?

私たちは風邪を引いたら、病院へ行きます。

しかし病院で薬を処方してもらえば、1週間程度で元気になります。

では骨盤矯正の改善に要する期間も、風邪のような症状と一緒で決まっているのでしょうか。

もちろん骨盤矯正の改善期間がはっきりわかっていたら嬉しいのですが、実際のところ、骨盤矯正の完治速度はかなりの個人差があるのです。

例えば骨盤のゆがみが少ないようであれば2~3ヶ月で完治する患者さんもいれば、ゆがみが酷いため1~2年間通院しなければならない患者さんもいます。

このように骨盤矯正の改善期間は患者さんによって違うわけですが、施術を受けている期間、注意しなければならないことがあります。

それは、激しい運動を控えることです。

骨盤矯正の施術は骨盤を整えてもらっているわけですが、激しい運動をすることによって、矯正した骨盤のバランスが崩れてしまう可能性があるからです。

当然、「骨盤矯正→激しい運動→バランスが崩れる」の繰り返しが続くわけですから、必然的に骨盤矯正の期間も長引くことになります。

そうした注意事項を踏まえ、私たちは骨盤矯正に対峙する必要があるのです。

ちなみに産後骨盤矯正という名称がありますが、このような場合、産後2ヶ月後程度から骨盤矯正をするのがベストだといわれています。

何故なら産後から約2ヶ月経過すると、骨盤の状態も緩和されてくるため、安全に骨盤矯正をすることができるからです。
(出産直後は骨盤自体も不安定な状態~それ故、骨盤に掛かる負担も大きくなり、ちょっとした動作によって骨盤に痛みや違和感が出る可能性があります。)