TOP > 骨盤矯正の基礎知識 > 骨盤矯正の継続はどのくらいの間隔で行くの?

骨盤矯正の継続はどのくらいの間隔で行くの?

骨盤矯正をした後、患者さんによく聞かれる言葉~それは「これから、どのくらいの間隔で通院すればいいの?」~ということです。

もちろん、患者さんの骨盤の状態にもよりますが…

○骨盤のゆがみが少ない場合、2~3ヶ月の施術で回数は2~3回。
○骨盤のゆがみが大きい場合、6ヶ月~1年の施術で回数は6~12回。

これでもわかるように基本的に月1回の間隔を目安(理想)にしていますが、家庭の事情が許せば(&骨盤のゆがみが大きければ)、2.3週間に1回通院するのがベストなのかもしれません。

そして骨盤矯正をすると、身体に大きな変化を生じます(これも個人差はありますが)。

特に骨盤のゆがみが大きい患者さんは、身体の変化が顕著に表れます(下半身が細くなります)。
(骨盤矯正によって身体が変化するのは、施術によって身体に対する物理的なストレスが軽減されるからです。)

それと当然ことですが、身体の変化は回数を重ねるごとに少なくなります。

何故なら、骨盤の状態が安定してくるからです(骨盤が閉まり、上部に持ちあげられる)。

また完全に骨盤のゆがみが完治したからといって、「これで終わり」というわけではありません。

骨盤の状態が安定してからも、半年~1年に1回程度メンテナンス(施術)をすることをお勧めします。

というのも人の骨盤は絶えず動いているため、知らない間にまた骨盤がゆがんでしまう可能性があるからです。

骨盤矯正で肝心なのは、普段から骨盤がゆがまないように意識することなのです。