TOP > 骨盤矯正の基礎知識 > 骨盤矯正は生理中でもできる?できない?

骨盤矯正は生理中でもできる?できない?

「骨盤矯正は生理中でもできる?できない?」~女性にとって、本当に悩ましい問題だと思います。

この悩ましい問題~実は治療院(施術者)によっても、「できる/できない」の見解が異なるのです。

何故、こうも見解が違うのか…それには、それぞれの理由があるからです。

○生理中でも、骨盤矯正ができるという見解~

生理中の痛みは、子宮周辺の筋肉の収縮によるものです。

子宮周辺の筋肉をほぐすことによって生理痛も緩和され、しいては骨盤矯正の緩和も期待できるという見解です。

ということで生理の症状改善に絶対的な自信のある治療院ならば、骨盤矯正の施術ができるということになります。

○生理中は、骨盤矯正ができないという見解~

実はこの見解は生理痛の骨盤矯正はできないのではなく、生理中の骨盤矯正はしない方が良いのではという見解です。

というのも生理の流れを考えれば、必然的にそうなるからです。

・生理が始まりピークをむかえる状態の時、骨盤は開いていきます。
・生理のピークから終わりをむかえる時、骨盤は閉じていきます。

このように生理中の骨盤の動きを考えれば、骨盤矯正を施術するベストタイミングは生理後ということになるわけです。

ちなみに生理中に骨盤矯正の施術をした場合、「内臓が下がり圧迫される→内臓の働き低下→全身の代謝低下」に繋がります。

仮に「骨盤矯正は生理中でもできる?できない?」という質問に対して明確な回答を求められたら、私は「できない」と答えます。