TOP > 骨盤矯正の基礎知識 > 産後の骨盤矯正

産後の骨盤矯正

妊娠期間中、妊婦さんの骨盤は開き続けます。そして出産時、骨盤は最も開いた状態で、赤ちゃんが産声を上げるのを待っています。産後、ママさんの骨盤はある程度まで、自然に戻ります。
元々、人間の身体には「自然治癒力」が備わっています。無事、出産を終えた骨盤は少しずつ元の状態に…しかし、高齢出産・大きな赤ちゃんを出産等々の場合、骨盤の歪みが酷くなり、元の状態に治りにくくなる人もいます。(産後、6ヵ月経過して骨盤の歪みが気になるようであれば、治療院へ)もし骨盤の歪みに気付かず、産後何年も開いた状態で放置してしまうと、身体に様々な支障をきたしてしまいます。

出産後に骨盤が歪んでしまうと、身体にどのような弊害が生じてくるのでしょう。

1.最も多くの方が訴える弊害、それは太った状態が続くことです(体型が元に戻らない)。
 お腹回り・下半身に脂肪がついてしまい、体重も一向に戻らない。
 開いた骨盤の状態が続くと、必然的に太りやすくなるのです
 (出産を経験された女性の大半は、この状態に悩んでいます)。
2.産後、骨盤の歪みは思わぬところまで弊害を与えます。それは、脚全体の歪みです。
 自身の体重の増加・赤ちゃんを抱っこ等々…脚に負担が掛かり過ぎることでO脚・X脚、
 そして慢性の膝痛を発症する恐れも…。また、リンパ液の流れの悪化から老廃物が溜まり、
 脚全体がむくんだ状態が続きます。
3.赤ちゃんの子育ては、本当にきついものです。絶えずおんぶしたり、抱きかかえたり…
 当然、腰への負担も尋常じゃないほどかかります。骨盤の歪み→子育て→慢性腰痛へ…。
 また、産後歪んだ骨盤の状態が続くと、骨盤の回りの筋肉(大腰筋・腹直筋・脊柱起立筋・
 臀部筋群・内転筋)までも衰えてしまいます。
 結果として、尿漏れなどの症状を引き起こす可能性もあります。

さらに、骨盤の歪みは身体に負担が掛かりやすい=すぐに疲れが溜まるようになり、精神的ストレスを発症させる場合も(大切な赤ちゃんにイライラした気持ちを…)。(出産によるホルモンバランスの変化もあり、精神的不安定が症状として出やすくなります)このような状態にならないためにも、産後の骨盤矯正は重要な役割を果たしています。産後の骨盤矯正において重要なこと、それは病院です。カイロプラクティック・整体療法といった、骨盤矯正のスペシャリストがいる治療院に通うことがベストだと考えられます。(しっかり治療してもらえば、早く骨盤の歪みも治ります)女性にとって、最も大変さを伴う出産・子育て…心も身体もしっかりケアすることが必要です。