TOP > 骨盤矯正の基礎知識 > 産後ダイエットと栄養管理について

産後ダイエットと栄養管理について

むやみにダイエットを行えば、必ず身体の内部で支障をきたします。それは、産後ダイエットにも言えることです。正しい知識:食事による栄養管理と産後の骨盤矯正を組み合わすことで、理想的なダイエットが実践できます。まず産後から思い浮かべること、それは母乳です。
母乳育児をすることは、産後の骨盤矯正に大きな影響を与えます。母乳育児は、開いてしまった子宮の収縮を早めます。つまり、産後の骨盤の歪みが治りやすくなるばかりでなく、歪みが治ることでダイエットもし易くなるのです。また、母乳育児は赤ちゃんに母乳を与えるため、ママさんが食事によって摂り込んだ栄養分を使います。そして母乳を作るために、ママさんの身体では多くのカロリーが消費されます。(ママさんは食事をしても母乳を与えるため、すぐお腹が減ってしまう)こう考えると、「たくさん好きな物を食べても大丈夫」と思う節があるかもわかりません。しかし、そうではありません。いくら母乳育児だからといって、むやみに食べ続ければ痩せるどころか、益々太ってしまう状態になります。(産後、バランス良く痩せられない方は、こうした原因によるものだと思います)だからこそ、産後の栄養管理は重要なのです。自分だけの身体ではないのですから…

産後ダイエットの栄養管理に欠かすことが出来ない栄養素…それは炭水化物/糖質・タンパク質・脂質/無機質(各割合として6:5:1)。つまり、一般的に必要な栄養素をバランス良く摂取すれば、産後の栄養補給を十分補うことができます(低カロリー・高タンパクな食事)。ただし、身体に良いからと大豆製品・野菜果物ばかり摂取しても、バランス不良に陥るだけです。産後、バランスの摂れた食事として…

・規則正しくバランスの摂れた食事を、きちんと3食摂ってください。
・肉類よりも魚類で、動物性たんぱく質を摂取してください。
・赤ちゃんにとって必要なカルシウム・鉄分、しっかり摂るように心掛けてください。
・高塩分・高脂質な食事は、必ず避けてください。

また最近では、産後骨盤矯正&ダイエットと名をうって、様々な骨盤矯正グッズが市販されています。しかしそのようなグッズを使わず、産後骨盤矯正&ダイエットをする方法があります。
それは「さらし」です。御年配の方ならご存知かと思います。「さらし」を腰~お尻にかけて、強く巻くだけです。昔の女性は良く考えたものです。「さらし」を巻くことで産後骨盤の歪みを治し、それがダイエット効果ももたらすからです。