TOP > 骨盤矯正の基礎知識 > 妊娠中の骨盤矯正

妊娠中の骨盤矯正

妊婦さんの骨盤は出産を控え、ある奇妙な動きを続けます。なんと骨盤がドンドン開いていくのです。それも開くばかりでなく、開いて閉じて・開いて閉じて…そうして、骨盤も出産の準備に備えていきます。妊婦さんの胎内でスクスク育っていく赤ちゃん、妊娠5ヵ月当たりになると、妊婦さんの身体にも相当な負担がかかってきます。その時期になると妊婦さんの中で、腰痛・身体のむくみを訴える方が増えてきます。妊婦さん・骨盤(矯正)・腰痛、これらはどのように結びついているのでしょう。妊婦さんの腰痛の原因、それは大腰筋(腰の筋肉)の緊張が挙げられます。つまり、出産を前にした不安定な骨盤を、大腰筋が支えているからです。

大腰筋…子宮が大きくなればなるほど、緊張を生じます。背骨を挟んで左右にある大腰筋のうち、片方が異常に緊張しバランスが崩れてしまうと、その反動で背骨が捻じれ腰痛を引き起こしてしまうわけです。また骨盤を支える筋肉群が弱い人の場合、背中痛・股関節痛、ときには恥骨の痛みも発症します。(よく身体が華奢な人は、このような症状が出ると言われます)実はこの恥骨も出産が近くになるにつれて、緩んできます(開いてきます)。もし出産の状況で、妊婦さんの骨盤の歪みが酷ければ…胎内で育っている赤ちゃんも居心地が悪くなり、発育に支障ができたり、逆子になったりする場合もあります。(逆子=通常、出産では頭から産まれますが、逆子の場合、脚から産まれてしまいます。呼吸困難になることも…)妊婦さんと赤ちゃんは、一心同体です。骨盤の歪みによって、胎内の赤ちゃんの位置がずれるたびに、妊婦さんも身体のバランスを益々崩してしまいます。

このように妊婦さんの骨盤の歪みも、様々な病状を引き起こしてしまいます。胎内にいる赤ちゃんの順調な発育のためにも、妊娠中の骨盤矯正はとても大切な行為なのです。

ここで、妊婦さんの骨盤が歪まないようにするために…
・横座り(女の子座り)をしない…横座り
・アヒル座り(ペチャンと座る)は、骨盤を歪ませる最たる行為です。
 床に座る場合、座布団を2つ折りにしてお尻を乗せるかアグラをかいてください。
・(赤ちゃん)ハイハイの勧め…お腹が大きくなった妊婦さん、歩くのもしんどくなった時、
 ハイハイ運動が骨盤の歪みには効果的です。
 特に、お尻(臀部)や股関節周囲の筋肉強化にもってこいです。

また妊娠中に骨盤矯正をするメリットには、次のよう事が挙げられます。
・骨盤矯正をすることで筋肉のバランスが良くなり、出産時、力を入れやすくなります。
・骨盤矯正をすることで骨盤の開き具合も良くなり、出産が比較的楽に迎えられます。
・妊娠中、骨盤矯正をすることで、産後の身体の回復が早く望め、
 しかも母乳の出も良くなります。

妊娠中のみなさん、もし「骨盤の調子が悪い」と思われたら、すぐに骨盤矯正を行ってください。そして、元気の良い赤ちゃんを産んでください!