TOP > 骨盤矯正の基礎知識 > 日常生活での骨盤ケア

日常生活での骨盤ケア

人間の腰は、上半身と下半身をつないでいるため、日常生活で行われる、立つ・歩く・座る・しゃがむ・体を起こす…これら全ての動作でなんらかの負荷がかかってしまいます。そのため、骨盤には、日常生活を送るだけで少しずつではありますが、ゆがんだり傾いたりなど、ずれや開きが生じてしまいます。

 しかし、逆をいえば、日常生活を送る際にちょっとした心がけをおこなうことで、少しずつ骨盤をケアして行き、もとの形に矯正することもまた可能なのです。

 骨盤をケアするためには、第一に、骨盤が支えている(骨盤の上にある)筋肉を鍛えること、次に骨盤とともに上半身と下半身をつないでいる筋肉を鍛えること。そして、骨盤を支える筋肉を鍛えることです。

 まずは骨盤の上に乗っかっている筋肉…腹筋と背筋を、しっかり動かしてエクササイズしましょう。もちろん、毎日腹筋背筋を鍛えるトレーニングを行えればベストですが、なかなか難しい方はまず呼吸を深く行うことから始めましょう。深呼吸して、まず息を限界まで吐き、吐ききったら、今度はおなかまで空気をためるイメージで息を吸い込みます。

こうして腹式呼吸を行うと、横隔膜や腹筋が鍛えられ背骨をしっかり支えられるようになり、骨盤のケアに役立ちます。

 次に、上半身と下半身をつなぐ大きな筋肉を鍛えましょう。腰の奥にある「大腰筋」は、骨盤を支える重要な筋肉ですので、鍛えることで骨盤を安定させます。大腰筋を鍛える手軽な運動には、「骨盤体操」がオススメです。やり方はとてもカンタン。片足を大きく前に踏み出し、前脚に体重を乗せる、この運動を左右交互に5回ずつ繰り返すだけです。

学生時代、体育の時間などに「アキレス腱伸ばし」という運動をしませんでしたか?アキレス腱伸ばしの要領で片足を前に出すポーズをとり、前足の方に体重をかけます。こうすることで、踏み出した方の脚の大腰筋には筋トレの効果が、後方の脚の大腰筋にはストレッチの効果がかかるのです。

 そして、骨盤を支える、股関節と太ももの筋肉のエクササイズです。片方の脚の太ももを上に大きく上げてから、後ろに振り下ろします。この動作により、股関節のストレッチと、太ももにある大臀筋のエクササイズになります。

 いずれのエクササイズも、非常に簡単で時間もかかりません。骨盤のゆがみは、普段の生活での癖で蓄積されていきますから、張り切って難しいエクササイズを行うよりも、とにかく続けることが大切。ちょっとした空き時間や仕事の休憩、お手洗いで席を立ったついでなどできる範囲で行うことが、無理なく続けられるコツですよ。