TOP > 骨盤矯正の治療方法 > 姿勢矯正について

姿勢矯正について

「骨盤矯正と姿勢矯正、どこがどう違うの?」
結論から言います。骨盤矯正は、骨盤の歪みだけを中心に行う矯正法です。姿勢矯正は、身体全体のバランスを矯正します。つまり、姿勢矯正の一部として骨盤矯正が含まれているわけです。
今まで「骨盤矯正について」述べてきました。ここでは、姿勢矯正がどういうものなのか具体的に説明したいと思います。

人間は、全く動かない人形ではありません。動くことを前提として、生きています。だから、直立不動の時だけ姿勢を矯正しても、全く意味がないわけです。では、人間にとって良い姿勢とはどういった感じなのでしょう。人間にとって最も良い姿勢は、(人間の骨格の)構造において負荷がかからない状態を指します。

人間の身体は、一番上部に重い頭があります。その頭を支えるには、頭を中心に左右均等・背骨は首部分を前にカーブを描き、胸部分では後方にカーブし、そして腰部分でまた前方にカーブする…立った時・座った時、このバランスが保たれることが一番良い姿勢とされているわけです。
(動きやすく・疲れにくく・身体に負担がかからない)

それでは、悪い姿勢はどういった感じなのでしょう。
悪い姿勢、それは日常生活の様々なシチュエーションに含まれています。
立ち方として、片方の脚に重心がかかっている・骨盤を前に突き出している・身体全体が片方だけに重心が掛かっている等々。(長時間、立作業などをしてしまうと、必然的に姿勢が歪みます)座り方として、腰が湾曲し頭が付き出た状態・顔がたえず下を向いている状態等々。
(読書・パソコンなどで背中を丸めたり、椅子に浅く座ったりしていると、必然的に姿勢が歪みます)そして、姿勢矯正を行う場合、3つの段階を踏んでいかなければなりません。

1.「正しい姿勢が理解できる段階」…「正しい姿勢をしてみて!」と言われても、
 悪い姿勢=良い姿勢と思っている人に出来るわけがありません。
 まずは、正しい姿勢を理解してもらい、正しい動き方を勉強することから始まります。
2.「正しい姿勢を保つことができる段階」…正しい姿勢が理解できた=正しい姿勢が
 出来るとは限りません。長い間、悪い姿勢で生活してきたわけです。その長さに比例して、
 悪い姿勢を取り除くのに時間がかかります。
 それを取り除くことが、正しい姿勢を保つことができる段階なのです。
3.「正しい姿勢になる」…自身の意識の中で、「正しい姿勢ができる」と認識し続ければ、
 正しい姿勢になっています。ただし、認識なく正しい姿勢が出来るようになるには、
 半年~1年必要です。

こうして姿勢矯正を続けた結果、身体全体のバランスも良くなり、様々な部位で発症していた病状も良くなっているはずです。
姿勢矯正は、多少時間がかかるかもしれませんが、その効果には必ず驚愕されるはずです。